投資でどうやって儲けるかを調べてみると、手段がいっぱい出てきて逆に困惑しませんか?ここでは大まかに分けて紹介するので、自分に合っていると思った方を参考にしてみてください。

  • ホーム
  • 自分で色々やりたい!アクティブ型投資

自分で色々やりたい!アクティブ型投資

元気な男

株式投資においては、代表的な株価指数などに連動させるインデックス型と個別銘柄を選んで集中投資をするアクティブ型に分かれます。
インデックス型の運用では、指数に連動する投資信託やETFを購入することによって、市場平均並みのパフォーマンスを狙うことになります。
しかし、インデックス型の投資では物足りなく、自分でも色々とやりたい場合にはアクティブ型を選ぶことになってきます。
アクティブ型としては、まず市場平均を上回りそうな個別株を選んで投資を行うことが挙げられます。

個別株の選び方としては、割安株を狙う方法と成長株を狙う方法の2つが存在しています。
どちらの投資法でも自分なりのノウハウを持っていれば、市場平均を上回るパフォーマンスを上げることは難しくありません。
また、アクティブ型では株式などの売買タイミングを見極めることも重要となってきます。
株式市場が堅調な時に個別株を買ってしまうと、高値掴みになってしまうことがあります。

そのため、株式の買い出動をする時は、株式市場が軟調になっている時に行う必要が出てきます。
しかし、株式市場が軟調になっていると、心理的に株式を購入することが難しくなります。
それでもアクティブ型の運用では、勇気を持って株式投資をすることが大事となってきます。

また、アクティブ型では株式市場が過熱気味となってきた際には、保有株を手放すことも選択肢となります。
株式市場の高値圏で保有株を売り、また株式市場が下落してきた時に株式を買い戻すといったことが必要になってきます。
さらにアクティブ型では国内の金融商品だけでなく、海外の株式などにも投資をすることも選択肢となり得ます。

今後の高成長が期待できる国を対象とした株式などを購入することで、将来のリターンを高めることが可能となります。
他にも新規公開株いわゆるIPOに狙いを定める投資法もあります。
初心者でも利益が出しやすいのが特徴で、最新のIPO情報を紹介しているサイトもありますので参考にしてみると良いでしょう。